離婚には、結婚よりも多大な労力が必要だと言われています。

 

結婚生活において「離婚」という文字が頭をよぎったら、実際に実行に移す前にいろいろと下準備をしておくようにしましょう。

 

いざ離婚となった場合の労力を減らし、「手続きが面倒で離婚に踏み切れない」などという状況を打破することができますよ。

 

では、実際にどのような下準備をしておけばいいのか、見ていきましょう。

スポンサーリンク



お金を貯める

離婚そのもの、また離婚後の生活にはどうしてもお金が必要です。

 

特に専業主婦(主夫)やパートの人が離婚を躊躇してしまう大きな要因として「自分自身に経済力がない」ということがまず挙げられます。

 

  • 別居のための引っ越し費用
  • 離婚してから就職するまでの生活費

 

などを、下記のような方法で、パートナーに気がつかれないよう少しずつ貯めていきましょう。

 

(1)仕事を探す、もしくは増やす

 

仕事をしていない人はこれを機に仕事を探しましょう。

 

すでに仕事をしている人は、可能であれば収入を増やせないか(例:パート時間を増やす、副業を始めるなど)、考えてみましょう。

 

パートナーに理由を尋ねられても「将来のために貯金したい」と言えば嘘にはなりませんよね。

 

(2)専用の口座を作る

 

離婚費用を貯めるために、自分名義の貯金専用口座を開設しておきましょう。

 

通帳があると口座の存在が明るみに出やすくなりますから、ネット銀行が特におすすめです。

その場合でも管理は厳重にしてくださいね。

 

 

その他お金関係の準備

 

仕事を始めたり、パート時間を増やしたりして直接お金を稼ぐわけではなくても、その後の経済状況を視野に入れていろいろ調査・準備をすることはできます。

 

(1)ひとり親家庭向けの公的支援などを調べる

 

特に子どもを連れて離婚した場合、さまざまな公的支援を受けることができます。

 

住んでいる自治体によって違いますので、あらかじめ調べておきましょう。

 

そうすることで「離婚後、毎月最低いくら稼げば生活していけるのか」などを計算することができます。

 

(2)資格試験の勉強をする

 

離婚前にしろ離婚後にしろ、資格を持っているに越したことはありません。

今までの自分のキャリアに応じた資格をあらかじめ取得しておけば、離婚後の就職活動でも有利になりますよ。

 

(3)保険金の受取人、借金の保証人などの変更方法を調べておく

 

離婚した場合、生命保険金の受取人や、ローンの保証人などを変更することになります。

 

また、子どもを引き取る予定の場合、学資保険の契約者をパートナから自分にうつす手続きなども必要です。

 

離婚前にあらかじめ変更しておく必要はないですが、変更方法や必要書類などをあらかじめ問い合わせて調べておけば、いざというときにスムーズに、漏れなく変更できます。

 

(4)クレジットカードを作っておく

 

特に専業主婦(主夫)の場合、離婚後しばらく仕事が決まらなかったりすると、クレジットカードの審査に通らなくなってしまうということが考えられます。

 

現時点で作れるのであれば、あらかじめクレジットカードを作っておくと、その後の成果において便利ですよ。

 

(5)パートナーの収入・財産状況の把握

 

可能であれば、パートナーの給与明細や通帳、不動産の権利証などのコピーを保管しておきましょう。財産分与や養育費の話し合いの時に参考になりますよ。

 

住むところの目処をつけておく

 

「相手が出ていく」という選択肢があるのなら別ですが、自分が引っ越す必要があるのであれば、その準備も必要です。

 

(1)荷物量の把握

 

持って行くべき荷物はどれくらいか、大まかにでも把握しておきましょう。

 

それによって手配すべき業者などが変わってきます。

 

家具・家電はどれを持って行けるのかなど、可能な範囲でシミュレーションしておきましょう。

 

不要品を処分しながら行うと、家も片付いて一石二鳥です。

 

(2)引っ越し先の家賃相場などの調査

 

現在と大きく異なる環境に引っ越す予定であれば、引っ越し先の家賃の相場などをあらかじめ調べておきましょう。

 

また、家賃の安い公営住宅などはないか、確認しておくと良いでしょう。

 

自治体によってはひとり親家庭だと優先的に入れる制度もありますよ。

 

証拠集め

  • 暴力
  • 浮気
  • 生活費を渡してくれない

 

など、相手に問題があって離婚を考えている場合、その証拠集めも大切です。

 

診断書をとる、浮気相手とのメールの画面を写真に撮っておく、普段から日記をつけるなど、いざというときに使える証拠を日々集めておきましょう。

 

スポンサーリンク



法律的なことは弁護士へ

  • 慰謝料
  • 養育費
  • 親権
  • 面会交流

 

など、離婚に関係するお金・法律関係の問題はたくさんあります。

 

離婚関係の情報はネット上にもたくさんの情報が出ていますが、状況によって千差万別ですので、あなたに合う情報があるとは限りません。

 

そんな時は思い切って弁護士に相談するのがおすすめです。

 

「まだ離婚するかどうかわからないから聞きにくい」という考えの人も多いのですが、「問題が発生する前に相談する」というのが専門家の正しい使い方です。

 

弁護士は守秘義務がありますから、秘密が漏れることはありません。

 

あらかじめ確認しておくことで、いざというときに慌てずに交渉をすることができるはずです。

 

その他:自動車免許の取得

 

もしあなたが自動車免許を持っていないのであれば、余裕のあるうちに取得しておくことをおすすめします。

 

特に

 

離婚後、地方へ引っ越す可能性がある

子どもがまだ小さい

 

などという場合、免許があるのとないのとでは、選べる職種や住居の幅に大きな違いが出てきます。

 

その後「やっぱり離婚しない」となった場合でも無駄になるものではありませんので、可能であれば早めに免許を取得しておきましょう。

 

■離婚前の準備期間を大切に

 

もう嫌だ!離婚だ!

 

そう思って家を飛び出したくなるときもあるでしょう。

 

しかし、頭に血が上った状態では、受け取れるお金の交渉などもうまく行きませんし、住む場所もなかなか見つからないかもしれません。

差し迫った事情がない場合は、「離婚の準備期間」を設けることをおすすめします。

 

離婚前に十分に準備をしておくことで、離婚後の生活は大きく変わります。

 

離婚後に安定した生活を送るためにも、まずは冷静になって、

 

  • ハローワークのホームページで、近所の求人情報を探してみる
  • 手軽に開設できるネット銀行について調べてみる

 

など、小さな一歩からはじめてみてくださいね。

 

ただし、「パートナーから命に関わるような暴力を受けている」というような場合、話はまったく別です。

 

そんな時は警察・弁護士など、しかるべきところに今すぐ相談へ行きましょう。

スポンサーリンク